生命の禁忌に触れる…グロテスクパニックホラー「食糧人類」を紹介!

今回は「食糧人類」を紹介していきます。
一気読みすべき漫画です。むちゃくちゃ面白いです。

ヒメノ
グロくて救いがない漫画が好きな人はオススメ!
ミツル
ヒメノちゃんが好きなジャンルだよなぁ。

食糧人類とは?

出典:食糧人類 コミックス5巻より

コイツら…殺さなきゃ…。

『食糧人類-Starving Anonymous-』は、原案:水谷健吾、原作:蔵石ユウ、作画:イナベカズによ青年漫画です。『eヤングマガジン』にて、2016年9月20日から2018年11月5日まで連載された。全6巻。地球温暖化が深刻化した現代日本。3月にも関わらず真夏のような装いを見せていた。
男子高校生の伊江と友人のカズは帰宅中に誘拐される。目を覚ました伊江が目の当たりにしたものは丸々と肥え太った人間とそれを解体する職員だった。伊江は人間の飼育場で出会った山引、ナツネとともに異様な施設からの脱出を試る。

ストーリー

出典:食糧人類 コミックス1巻より

原因不明の異常温暖化に見舞われる現代日本。画家志望の高校生・伊江は、友人のカズとの帰宅途中に突然拉致される。目覚めた先で見たものは、冷凍された人間と理性を失い、酷く肥大化させられた人間の姿。信じられない光景を前に戦慄する伊江だったが彼はすぐにこの施設の更なる闇を知ることになる。人類生存をかけた食物連鎖パニック、ここに開幕!

広告で見たことあるという方もいるかもしれません。
人は選びますが、ゾンビモノやパニックホラーが好きな方はハマると思います。

ヒメノ
後半はかなり壮大な話になるんだよね。
グロさというインパクトがある漫画だけどストーリーも作り込まれてて、私は遺伝子やらの話にはついていけなかったよ…。
ミツル
BLOOD-C並の大量虐殺もあるぜ!しかもグロいだけじゃなく画力が高いから読みやすいんだよね。
ヒメノ
断面の…描き方が上手よね…。

肉体改造された人間と虫のような巨大生物

出典:食糧人類 コミックス3巻より

「ゆりかご」と呼ばれる管理施設から脱出をはかる主人公たちを
禁断の手術により、特殊能力を授かった異形の改造人間や、人をエサと判断する高知能の巨大生物が行く手を阻みます。

出典:友食い教室 コミックス4巻より

グロテスクなモンスターだけでなく、人間ドラマも魅力的です。
特に教授と代表の話がグッときました。

ミツル
巨大生物ってのはカマキリみたいなやつなんだけどコイツらの人の殺し方が…伊江たちになりきって読んでると絶望感が半端ないぜ。
ヒメノ
なぜこんな生物が誕生したのか?ゆりかごという施設の目的とは?など謎もいっぱいだよ。
あー、それと下ネタも多いので苦手な方は注意カナ?

まとめ

出典:食糧人類 コミックス6巻より

・グロい脱出パニック系の作品。
・絶望的で救いようがないストーリー。
・敵だけでなくキャラクターも魅力的。
・終盤になると展開が壮大になってくる。

全7巻とやや短めですがたっぷりと内容が詰まっています。
ただもう少し引き伸ばして見たかった漫画でもあります。

ヒメノ
次の記事も見てねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。